カードローン 返済 遅れ

返済が遅れてしまったら

カードローンを利用した時に最も気を付けなければいけないのが、返済が遅れてしまわないようにすることです。
万が一返済が遅れてしまうとどのようなことになるのでしょうか?

 

1.ハガキや電話による督促

カードローンの返済が数日遅れると、金融機関はまず返済日の数日後にハガキや電話で督促の連絡をしてきます。
なかなか連絡がつながらない場合は、勤務先に電話をかけてくることがあります。
この時点ではただ忘れているだけかもしれないので、担当者の個人名で電話をかけてくれるなど、プライバシーに配慮した対応をしてくれます。

 

2.督促状の送付

ハガキや電話で督促を行っても返済されない場合は、督促状が自宅に送られてきます。家族にバレてしまう可能性があるので、同居している家族がいる人は特に注意が必要です。
督促状を無視すると、取り立てが来ることになります。

 

3.取り立て

取り立てとは、借金の回収を迫ることです。取り立て行為自体は法律で制限されていますので、暴力を振るわれたりと言うようなことはありません。
取り立てを無視し続けると全額一括請求が行われます。

 

4.全額一括請求

借金の返済を延滞すると、期日を設けて借金の全額一括請求をされます。
大抵の場合毎月の返済が出来ずに困っているのに全額請求されるので、返済できないケースがほとんどです。なぜこんなことをするのかと言うと、この次に法的手段を行うためです。

 

5.差押え

返済遅延が長く続くと、最終的に差押えが行われます。給料の差押えが一般的です。給料の差押えでは給料の4分の1が徴収され、完済まで続きます。
差押えは裁判所の許可のもと行われる法的処分なので逆らうことは出来ません。

 

また、返済が遅れることで科されるペナルティがあります。

 

遅延損害金が発生する

返済が遅れると、遅延損害金が発生し、通常の金利よりも高い金利が適用されます。
この遅延損害金は遅れた日数分に適用されるので、遅れに気づいたら早目に返済するようにしましょう。

 

ブラックリストに載る

長期にわたって返済を延滞したり、何度も返済を延滞するとブラックリストに載ってしまいます。
ブラックリストに載ると新しい借入もできなくなり、クレジットカードなども作れなくなります。
また一度ブラックリストに載ってしまうと完済から5年間は情報が残ります。この期間は借金を返済が終わらないといつまでも解消されませんので、なるべく早く返済するようにしましょう。

 

返済が遅れることが事前に分かっている時は早めに連絡するようにしましょう。
最近では相談に乗ってくれるカードローン会社も多いそうです。黙って返済を遅れる、督促を無視するようなことは絶対に無いようにしましょう。