カードローン 仮審査 本審査

仮審査と本審査

カードローンの審査には、仮審査本審査の2種類があります。最初に仮審査を受けて、無事通過すれば本審査に移行します。本審査に通ればカードローンを利用することができるようになります。では、仮審査と本審査にはどんな違いがあるのでしょうか?

 

仮審査とは

仮審査は主に機械によって自動的に行われます。基本的な項目のみを審査し、申込者にお金を貸しても良いかどうかを判断します。

 

仮審査の特徴

仮審査は申込者の基本情報から融資可能かどうかを機械的に判断します。スピーディに行われるので審査はすぐに終わります。

 

《仮審査に落ちる場合》
仮審査でも落ちてしまう場合があります。落ちてしまった場合は以下のような原因が考えられます。

  • 申込み対象年齢ではない
  • 収入が少ない
  • 勤続年数が短い
  • 他社からの借り入れが多い

 

本審査とは

本審査は人間の手によって審査が行われます。そのため細かいところもじっくり調査されます。本審査では少しでも怪しいところがあると落とされてしまいます。

 

本審査の特徴

本審査は確かな情報をもとに細かくしっかりと確認します。人間による審査のため多少時間がかかることがあります。

 

審査を受ける上で大切なこと

仮審査と本審査、どちらにおいても大切なことがあります。

 

虚偽の申告をしない

氏名や住所、勤務先、年収などの虚偽の申告をしてはいけません。嘘の申告をしたことで、仮審査には通ったけれど本審査で落とされてしまったという人もいるそうです。

 

正確に伝える

審査に通りやすい情報だけを伝えるのではなく、自分の情報をきちんと正確に伝えましょう。

 

きちんと電話対応できるようにしておく

審査では自宅や勤務先に電話が掛かってきます。電話に出られないと審査に時間がかかったり審査に落とされてしまったりすることもあるので、電話番号は間違いがないか確認し、きちんと出られるように準備しておきましょう。

 

他社からの借り入れや延滞を無くす

本審査では信用情報機関を通して過去の借り入れ状況や返済状況が調べられます。他社からの借り入れが多かったり返済を延滞していると審査に不利になってしまうので、なるべくそうしたものは無くしておきましょう。