カードローン 契約

カードローンの契約

カードローンを利用している人の中には、何年か前から契約をしてカードを持っていて、それから必要な際に時々利用をしている方もいらっしゃると思います。しかし、カードローンにも契約期間があるという事をご存知でしょうか?

 

カードローンの契約期間ですが、銀行のカードローンの場合は1年、消費者金融や信販系のカードローンの場合は3〜5年が契約期間となっています。この契約期間の間は契約をした会社から借り入れを行うことができます。
しかし、契約期間が終わっても借り入れを行うことはできるのか?また同じカードローンの会社に申し込みをして審査をして…としなければならないのか?と困る方もいるかもしれません。
ですが、カードローンの契約というものは自動更新となっています。ですので、契約期間が終わってしまっても契約は自動更新されていますので、また借り入れを行うことは可能です。

 

しかし自動更新が行われるのは、会社側の判断になります。
契約を行っていて過去に借り入れを行い、期日日までに返済を行い完済をしていて解約を行っていない人。今もまだ返済中で、返済日を守り着々と返済をしている人。返済の遅延等をしたことがあるけど数回で、きちんと返済自体はすぐに行ったりしている人などが自動更新の対象になっていると言われています。
ですので、何度も遅延を行ったり延滞をしたり、完済していないのにずっと返済を行わない方などは自動更新の対象外になってしまいます。つまり、もう借り入れを行うことはできないという事です。
契約が切れてしまい借り入れを行うことが出来なくなっても、返済の義務は勿論残ります。ですので、返済自体は借り入れを行えなくても続けていかなければなりません。借りたものは返す。当然ですね。

 

しかし、こういった遅延等を頻繁に行わない限りは自動更新されるとみても大丈夫です。逆に、自動更新を行うことが前提となっていると思ってくれても構いません。簡単な話、お店の利益になるわけですし…。
きちんと計画的に利用している方は契約切れを不安に思う必要はないという事ですね。