カードローン 金利

カードローンの金利

カードローンは元金と利息の合計を返済していくので、利用しているローンでどのくらい利息を払っているか把握していくことが大切です。

 

元金とは実際に借りたローンの金額のことで、利息とは元金に対して一定の利率をかけて出てくる手数料のことです。kの一定の利率のことを金利と言います。この金利は日歩、月利、年利の3種類の表示方法があり、金融業界でローンの金利を表示する時は年利が使われています。「実質年利」という表現を使っているところもありますが、年利とほぼ同じ意味の言葉です。
カードローンの利息を計算するには、いくらの金利でいくら借りたかが分かれば計算することができます。ただし、キャッシングローンは借りた日数分だけ利息がかかります。そのため利息の計算には何日借りたかという情報も必要です。
利息の計算式は、「利息=元金×金利×借入期間」となります。
ローンは借入期間が短いほど負担する利息は少なくて済みます。だからと言って短期間で完済しようと無理をすると、手持ちのお金が無くなって生活が苦しくなり、クレジットカードを使わないといけない事態になってしまっては元も子もありません。
ローンの返済は無理のない範囲で少しずつ返し、余裕のある時は繰り上げ返済をするということを心がけると良いでしょう。