カードローン 総量規制

総量規制とは

総量規制ってご存知ですか?

 

2010年の6月に定められたもので、年収の3分の1以上に当たる金額は貸金企業から借り入れることが出来ないというものです。この規定は貸金企業1社からではなく、貸金企業全部合わせてという形になります。

 

つまりどういう事かというと、年収が300万円のAさんがいるとします。この場合、総量規制によって借りられる金額は年収の3分の1にあたる100万円となります。そして○○金融から50万円借りていて、△△金融からも50万円借りているとします。こうなるとAさんは、もしまたお金が無くなってしまい、□□会社からお金を借りようと申し込んでも、すでに100万円の限度に達してしまっているので、借りることが出来ないのです。

 

誰がどこから借りているという状況は、信用情報機関にすべて記されています。申し込みを受けた際、会社は信用情報機関を調べて借り入れ状況や返済状況等を確認する義務があるのです。ですので嘘をついても無駄ですよ。というより嘘をつけば信用に傷がつきますから、絶対にやめましょう。

 

この総量規制によって会社は借りる側の人の年収を知る必要があり、その為に収入証明の提出を呼び掛けているんですね。ですが、そんなに借りないし、時間がない!という人には面倒かもしれませんよね。

 

そんな方の為に、会社の定めた金額以下であれば収入証明書が不要な会社もあります。是非参考にしてみてください。

 

総量規制の対象となる貸付

総量規制には対象となる貸付と、対象とならない貸し付けがあります。対象となる貸付には以下のようなものがあります。

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジットカード会社

 

つまり、クレジットカードのショッピング、キャッシングやリボ払い、ショッピングローン、消費者金融からの借り入れは総量規制の対象となるため、合計で年収の3分の1までの借り入れしかすることはできません。

 

総量規制の対象とならない貸し付け

また総量規制の対象とならない貸し付けは以下のものがあります。

  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • 高額治療費の借り入れ
  • 有価証券担保の借り入れ
  • 不動産担保の借り入れ
  • 金融取引業者からの500万円を超える借り入れ
  • 顧客に一方的に有利になる借り入れ
  • 緊急の医療費の借り入れ
  • 個人事業主の借り入れ

 

他にもたくさんありますが、要するにクレジットカードやショッピングローン、消費者金融からの借り入れ以外総量規制の対象外となります。

 

総量規制の例外

また、総量規制には例外があり、おまとめローンを組む場合は総量規制の対象外となり、年収の3分の1以上の借り入れが可能となります。おまとめローンは上記の「総量規制の対象とならない貸し付け」に「顧客に一方的に有利となる借り入れ」に該当します。

 

おまとめローンは多重債務に陥った支払を一つにまとめることができるだけでなく、各社の金利よりも低い金利でローンを組める可能性が高く、貸金業法において「顧客に一方的に有利な借り入れ」と認められています。

 

よって、多重債務者は通常総量規制でこれ以上の借り入れは難しいのですが、おまとめローンに限っては新たに借り入れをすることが可能なのです。