カードローン 個人信用情報

個人信用情報とは

カードローンを申し込んだ時、審査で照会されるのが個人信用情報です。

 

個人信用情報とは、文字通り個人の信用度をはかる情報のこと。カードローン会社は、これまでにどんなローンやクレジットを使っていて、何回返済していつ完済しているか、延滞や代位弁済などの金融事故が発生していないかなど審査して、申し込み者にお金を貸すかどうかを判断します。

 

個人信用情報として登録されている情報は、氏名・生年月日・住所・電話番号・勤務先・契約日・契約の種類・限度額・返済回数・返済状況・残高・事故情報などです。ちなみに借り入れがない場合は「該当ナシ」と出ます。

 

事故情報というのは、延滞継続中・延滞解消・事故(返済不能)・自己破産などの情報です。

 

事故情報は一定期間登録され、登録されている間は審査に通りにくくなります。延滞情報などの解消や代位弁済などによる返済不能後の情報登録期間は信用情報機関によって異なります。

 

個人信用情報を管理している機関は現在、全国銀行個人信用情報センター(全銀協=KSC)、日本信用情報機構(JICC)、シー・アイ・シー(CIC)の3つです。いずれの情報機関も完済・遅延情報は5年以内で消えます。

 

申込み履歴は全銀協が1年ですが、他の2つは半年となっています。また代位弁済や債権回収に関する情報は3機関とも発生から5年間情報が残ります。なお、どの個人信用情報機関で照会しても情報は共有されています。

 

金融機関が個人信用情報を調べるためには基本的には顧客の同意が必要です。ローンを申し込む際には同意を申し込まれたり、同意書の提出を求められたりします。とは言っても、同意を拒否すればローンも断られますので、素直に同意しましょう。