カードローン 申し込みブラック

申し込みブラックとは

カードローンを利用しようとしている人なら「申し込みブラック」という言葉を1度くらい聞いたことがあるのではないでしょうか?
この申し込みブラックとはいわゆる「ブラックリスト」とは別のものです。

 

申し込みブラックとは、比較的短期間にいくつものカードローン会社に申込みをして断れらた人のことを言います。なぜ申し込みブラックという状態になってしまうのかというと、実はカードローンの申し込みをすると、借り入れをしなくても申込みをしただけでその事実が個人信用情報の履歴に残ってしまうのです。そして申し込みブラックになってしまうと、審査に落ちる原因となります。

 

カードローンに申し込むと、審査の際に個人信用情報を調べられます。その際、短期間に複数の申し込みをしている履歴が残っていると「こんなにあちこちのカードローン会社に断られ続けているのなら、融資しても回収不能になる可能性が高いのではないか?」と判断され、信用を得ることができなくなってしまうため審査に落とされてしまうのです。

 

カードローンを利用する時はとにかくお金を借りたいので、一度審査に落ちてしまうと焦ってたくさん申し込みをしてしまい、「これだけ申し込めばどこかしらの審査に通るだろう」と考えてしまいがちですが、これはかえって審査に通りにくくなってしまう行為なのです。

 

申し込みブラックになってしまうと6か月間ほど信用情報機関にその記録は残ります。この情報が残っている間は審査に通りにくい状態になっているので、1か月に3社を超える申込みをして審査に落ちてしまった場合は6か月は間をあけてから再度申し込みをするようにしましょう。