カードローン 審査

審査とは

カードローンに申し込む際、自分の情報をカードローンの会社に送ればすぐ借り入れができる、というわけではありません。

 

カードローンの会社は貴方にお金を貸しても大丈夫か、という審査を行います。お金を貸す、ということはとても大変なことですし、信用のできる情報・属性の人でないと貸すことはできませんよね。その為か、時間がかかったり、審査の基準が厳しかったりするところもあります。

 

カードローンの会社によっても違いますが、基本的には

 

・安定した収入
・総量規制
・過去返済不備はあるか
・申し込み状況

 

を見ていると言われています。

 

安定した収入

安定した収入は、その人の返済能力に関わってくる重要な審査ポイントです。収入が安定しているかどうかは職業や勤続年数などによって判断されます。

 

一般的には派遣社員やアルバイトなどより正社員、特に公務員の方が収入が安定していると判断され、審査に有利になると言われています。勤続年数についても、長い方が審査には有利に働きます。

 

この年収によって限度額も決まってくるので、収入証明書の提出を求められることがありますが、大金を一気に借りたりしない人は、範囲内であれば収入証明書が不要になる場合もあるので、カードローンの会社に問い合わせてみましょう。

 

総量規制

総量規制は、その人の年収の3分の1しか貸し出せないという決まりです。他社からもう総量規制一杯借りている場合は審査に通ることは難しいです。ただし、銀行のカードローンは総量規制の対象外なので、高額を借り入れたい方は銀行カードローンを利用することを検討してみてもいいでしょう。

 

過去返済不備の有無

過去に返済不備があった場合は審査に通りにくくなります。過去の借り入れや申し込みなどの履歴はすべて信用情報機関に記録されていて、審査の際にチェックされます。

 

過去にどこからかお金を借りていた際、返済もしますよね。その返済が滞っていたり、返済を途中で止めてしまい完済していないままだったりすると、貴方の信頼に大きくかかわってきます。

 

過去に○か月も延滞していた、まだ△か月も延滞したまま払っていない…そんな人に信用してお金を貸せますか?ちょっと難しいですよね。

 

申し込み状況

審査の際は、今申し込みをしている会社以外にも申し込みをしている所があるか調べます。一度に4社も5社も登録しようとしている人は、申し込みブラックと言って信頼度が低いとみなされます。どこでも受かればいいやと無鉄砲に何社も申し込んでいると、審査に通りにくくなってしまいます。

 

申し込みをする際には、自分の状況をよく確認してから申し込みましょう。