収入証明とは

収入証明とは

まず収入証明書とはなんだ?という方もいると思います。収入証明書という名前の書類自体はありません。自分の年収・収入が記されている書類のことを収入証明書といいます。

 

たとえば会社員ですと、年に一度年末に貰うことのできる「源泉徴収」がこの収入証明書として提出できるものにあたります。自営業の方は、「確定申告書」の控え、「納税証明書」等がこれにあたります。または、住民票がある役場で頼んで出してもらう「住民税納税通知書」もこれにあたります。

 

収入証明書に該当する書類

源泉徴収票 会社勤めの人、年金受給者
給与明細書・賞与明細書 会社勤めの人
特別徴収税額の通知書 利用限度額が200万円超の場合
課税証明書・納税通知書 自営業の人、会社勤めの人、法人役員
確定申告書 自営業の人、会社勤めの人、法人役員

 

このほかにも、直近○か月分の給与明細でも可能な場合もありますので、カードローン会社に問い合わせてみるといいでしょう。

 

しかし、このような大切な書類を常に持ち歩いている人なんていませんよね。急遽まとまったお金が必要な際に申し込みに行ったのに、収入証明を…と言われても持っている場合なんてほとんどないでしょう。大した金額を借りるわけではないのに、なんでわざわざ…と思う方もいると思います。

 

ですが、条件さえ満たしていれば収入証明不要で融資が可能なカードローンも増えてきています。急ぎの方はこちらの利用を考えてみてもいいかもしれません。

 

ですが注意が必要です。この収入証明不要になるのは少額借り入れの際のみです。何百万円もとなると、それは収入証明が必ず必要になりますので、注意してくださいね。