闇金とは?

闇金とは?

「闇金」って聞いたことがありますよね。テレビでも一時期取り上げられ、今でも時々ドキュメンタリーのような番組で取り上げられていますよね。闇金という呼び方だけでなく、闇金融、悪徳業者とも呼ばれています。呼んで名前の如く、悪徳な金融企業という事です。

 

法外な金利でお金を貸しつけてくるような会社のことを言います。宣伝文句では低い金利を提示してきて、いざ借りるとなると「これは最低金利の数字なだけですので〜」なんて言ってとんでもない金利を提示してくる場合もあります。そして終わらない返済地獄に利用者を貶めていくというのが闇金のやり方です。

 

闇金に引っかからない為にはどうすればよいのでしょう?闇金には特徴があります。

 

宣伝している金利が異常に低い

金利の低さを重視してカードローンを探している方もいますよね。そしてとても金利の低い会社を見つけるとすぐに見てしまうかもしれません。でもそれはおびき寄せるためのエサなのです。

 

上記でも言ったように、これはほんの一例ですなんて言ってその金利で貸してくれなかったり、法外な金利を提示されたり、更には「この金利で貸すためには保証金が必要になります」と言って何十万円というお金を受け取り、その後融資をせずに消えてしまう会社もあったそうです。

 

金利が低い所を選びたい気持ちも分かりますが、あまりにも低すぎる金利を提示しているところは怪しいと思った方が良いでしょう。

 

貸金業者登録番号はおかしくないか

貸金業を行うためには貸金業者登録が必要になります。これは金融庁のホームページ等で確認ができるので、利用してみてください。ここに登録がない場合は確実に悪徳業者、闇金ということになります。

 

更に、貸金業者登録をして人をだましてお金儲けしたらすぐに会社をたたんで登録も消して、またしばらくしたら貸金業者登録をしてお金儲けをして…なんて業者も中にはあるそうなんです。ですので、登録番号が若い会社も注意した方が良いかもしれません。

 

連絡先の電話番号

業者の広告などには必ず電話番号が書かれていますよね。この電話番号にも注意が必要です。携帯電話の電話番号が書かれている場合は気を付けた方が良いでしょう。

 

携帯電話は機種変更をしたりすることで簡単に変えられてしまいますし、解約してしまえば通じなくなります。つまりいつでも逃げられてしまうということです。ですので、広告に携帯電話の番号が書いてある会社は闇金の可能性が非常に高いので避けるようにしましょう。

 

闇金や悪徳業者は巧妙な手口を使って人をだまそうとしています。もしも少しでも怪しいと思う点があったら、すぐに消費者センター等に電話をすることが賢明です。